So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

〝そよ風〟コンサート♪ [日々のこと]

今日は、本当に爽やかな晴天です。

午後から、マンドリンアンサンブル〝そよ風〟のファースト・コンサート
を聴きに行く予定でした。

今回の一連のことで、体調を崩してしまった私は、回復が思うように
進まず、今日の午前中寝ていれば、何とか行けると思っていたのです
が、微熱と頭痛がある為、ちょっと無理かもしれません。

主人の出身高校は、同窓会が活発で、元のクラスメイトともとても
仲良しです。

その中の一人が、今日演奏し、元のクラスメイト達も聴きに行くの
ですが、その方達が、私も一緒に来るのを、とても楽しみにして
くれていると聞いていました。

なので、今も、とても迷っています。

起きて、お化粧でもしたら、元気が出るかなぁ。

そうしてみようかな(^^)!


nice!(4)  コメント(2) 

『プーと大人になった僕』 [日々のこと]

昨日午前中、まだ体と心の調子が良くない状態が続いていました。

良い勉強をした、良い経験になった、と、自分に言い聞かせても、
繰り返し、波のように、それはやって来るのです。

いろいろな映像が、心に浮かんで来て、心がザワザワするのです。

娘に電話をかけて、自分の思いを聞いてもらいました。

いろいろな立場から、物事を見て、経験しなければ、きれいごと
を言ってしまいがちなことに気がついたことも、話しました。

話しても、話しても、ベッドに横になっている私の、体も心も
沈んで行くようでした。

急に、私の頭の中に、一瞬何かの予告編で見た、プーさんの顔
が浮かびました。

普段、ぬいぐるみで見かけるプーさんと違うのです。

表情も、手触り感も、違う感じなので、まさかプーさんだとは
思わなかったのですが、その予告編では、そのぬいぐるみを
プーさんだと言い、ちょっと疲れて見える大人の男性が、
あのクリストファー・ロビンだと言っているのです。

妙に印象に残っていて、朝、新聞の映画案内を見たら、あら!
〝プーと大人になった僕〟という題名で、上映されていました。

その話を娘にしたら、「母さん、行こうよ!きっと元気になるよ!」
と言ってくれて、ストーリーも知らないまま、急遽見に行きました。

生きて行くこと、大人になって行くこと。

誰もが、経験して行かなければいけない道筋です。

誰もが、無心で楽しかった、怖いこともあるけれど、夢に溢れた
童心の時期を過ごしていると思います。

でも人は、そのままではいられません。

ずっと、そのままでいられたら、どんなに平和なことでしょう!

競争に組み込まれ、心の平和も、家族の幸せも、無くして
しまうこともあるでしょう。

「人は、仕事をする為に生きているのではなく、生きる為に
仕事をするのです」…なのに、自分も家族も幸せに生きて行く
為の仕事が、すべてを無にしてしまうことさえあるのです。


でも人は、生きる為に働かなくてはいけません。
そして、働くことによって、生きる糧を得、自分を磨き、成長し、
世の為人の為にもなり、何より自分や家族を幸せにするのです。

人は、仕事で、心を無くしちゃいけない、幸せに生きる為に
働くのだ!

そして、人生を楽しむ為に、時に童心に返り、何もしない時を
楽しみ、心から和み、笑いたい。

娘が、「行こうよ!」と言ってくれて、おまけに映画代も
プレゼントしてくれたおかげで、自分で払って見るよりも、
娘がプレゼントしてくれた気持ちを受け止めるだけで、さらに
元気が出た私です。

映画にありがとう。娘にありがとう。家族にありがとう。

そして、ある意味、本当に貴重な経験をさせてくれて、本当に
大切なことに気づかせてくれた、今回の職場と人達に、
ありがとう…です。



nice!(6)  コメント(0) 

晴れ晴れとした日です。 [日々のこと]

今日は、心もお天気も晴れ晴れとしています。

感情にとらわれた日々を過ごしてしまい、反省です。

今日は、娘が来てくれました。

自分で描いた、私と主人とココロの絵を、額に入れてくれて、
誕生日プレゼントとして、持って来てくれました。

時間をかけて、丁寧に描いてくれたことが分かります。
愛情を感じます。

一生の宝物になります。
親子って、良いもんです。

今日は、もう何度も見ている録画の、100分de名著の〝アドラー〟を
すべて見て、また勇気をもらいました。

〝勇気、勇気〟そして〝前進、前進〟です。


今回は、感情にとらわれて、涙で、言いたいことも満足に言えなかった。

この貴重な経験で学んだことは、きちんと理性で対処すべきだというこ
とでした。



自分のことで精一杯でしたが、台風や地震の被害に遭われた方のご冥福と
早い復興を心よりお祈りしています。


nice!(5)  コメント(2) 

今日は、誕生日でした。 [日々のこと]

幸せな時は、鈴木秀子さんが言われている〝幸せの発信地〟に
なりたい、とか、少しでも〝世の為、人の為に生きたい〟とか
思って来ました。

最初、私の2か月後に入社して来た女性が、〝太陽のような笑顔
の人〟の標的になった時、本当に驚きました。

大人の世界の〝いじめ〟だと思いました。

それを初めて目の当たりにした時は、心が凍りました。

彼女を少しでも慰めたいと、その日「携帯見てね」と言って
パートの私は、3時半に職場を出ました。

ショートメールで「今日待っているけれど、都合が悪かったら
連絡してね」と入れて、ずっと待っていました。

社員の帰る時間の5時半を過ぎても、何の連絡もなく、あの後
また何かあったのかと心を痛めました。

さすがに6時半になり、「ずっと待ってたけれど、今日は帰るね」
とメールを送りました。

するとすぐに返信が来ました。

「返信遅れてすみません。お心遣いありがとうございます」

…もう、彼女は家に帰っていたんです。

自分なりに、思いやりの気持ちで誘ったことでしたが、帰り道は
トボトボと帰りました。

その後もしばらく、いじめの矛先は変わりませんでした。

でも、気に入らなくなったら、その矛先が私に向かうことは
予想していなかったわけではありませんでした。

〝角を矯めて牛を殺す〟

誰しもに、欠点はあるものです。
それを直そうとして、牛を殺してしまう。

それが、今までずっと続いて来たようです。

同僚がやられても心が凍ってしまったのに、同僚の心は強く、
私の心は折れました。

この会社の行く末は、もちろん分かりません。

でも、私は、良い勉強をさせてもらったと思います。

脳科学者の中野信子さんによると、キツい言葉を吐いても、
その人は、相手の為を思って言っていると信じている為、
言われている相手の気持ちとは裏腹に、「あなたのためなのよ」という
感覚で、ドーパミンという快感ホルモンがどんどん出ているとのこと。

それが、代表取締役の人のやっていることで、誰にも止められない、
とすれば、〝角を矯めて牛を殺す〟状態は、永遠に続く。

それに耐えて頑張っている人、私のように無理な人。

これ以上に、もっと大変な職場にいる人も、たくさんいると思います。

江原啓之さんが言っています。「人は仕事をする為に生きているの
ではありません。生きる為に仕事をしているのです」

仕事の為に、ましてや、困った感覚の人に、心や命を奪われて
しまわないように祈るばかりです。

大切なことをたくさん学ばせてもらいました。

すべては必然、意味のあること、自分で引き寄せた課題だったの
でしょうが、正直に苦しかった。

そんな大きな学びを得た貴重な誕生日でした。





nice!(3)  コメント(0) 

磨かれました! [笑いと涙の転職体験記]

笑いと涙の転職体験記の第4巻目、5か月で〝おしまい〟と
なりました。

今回の学びは、少し常軌を逸するものに思えますが、相手方
からすれば、まさに私が常軌を逸していたと思っているでしょう。

結構毛だらけ、猫灰だらけ!…寅さんになって、啖呵を切りたい
思いです。

私は、あの不条理な世界から、〝逃げよう!〟と思ったけれど、
実際は、〝卒業〟で、早目に脱出できて本当に良かった。

太陽のような笑顔の人は、太陽ではなかったです。

いろいろな意味で、私はさらに磨かれました。
そして、成長して行こうと思います。

体調を崩した私は、昨日一日、39度台の熱で、本当に苦しかった
けれど、今日は、37度台になりました。

節目は、新しい扉への一歩です。

すべては良きことのために。

何かを気づかせてくれるための良い経験だったのだと思います。

感謝して前進して行こうと思います。

nice!(3)  コメント(0) 

爽やかなお天気です♪ [生き方]

久しぶりに気持ちの良い気候で、入って来る風も、清々しい
秋の空気です。

きのうは、一日中たっぷりと、いろいろ考えることが出来ました。

人は、時に間違えたり、失敗します。

でも人は、その経験から学び、成長して行くのだと思います。

育って行くのだと思います。

今の職場は、人を〝育てる〟というより〝もっと優れた人を雇おう〟と
いう感覚を感じます。

大きな機構の中で、部品が無ければ機能して行かないけれど、
その部品が優れていなければ、改良して行こう、ではなくて、
別の部品に取り替えてしまおう、という意識です。

稲盛和夫さんの哲学をもとにした勉強会で、上に立つ人は、
信頼され尊敬される人になり、人を育てて行くことが大切
だと学びました。

感情的な言葉を口に出してしまうこと…。

私は、19歳の時、幼い頭でしたが、主人の両親と仲良く
暮らして行くために決めたことがありました。

〝口から出した言葉は、消しゴムでは消せないから、
口に出す言葉は、良く考えてから〟ということでした。

職場で、上の人の感情的な言葉や雰囲気を感じるたびに、
私達部品は、ピリピリとします。

同じ失敗や間違いを繰り返してしまうことは、もちろん
避けなければいけません。

でも、わざと失敗している人なんていない。
みんな一生懸命、仕事に取り組んでいます。

介護、看護、事務…誰一人いい加減に取り組んでいる人など
いないはず。

私は、そう思います。

最初から完璧に出来る人などいるわけがありません。

感情的にならないでほしいけれど、でも、人を変えることは出来ません。

次々に人が辞めて行く、それが良いことなのかそうではない
のかは、私には分かりませんが、一番長く勤務している人が一年、
次の私が4か月半、その次が2か月半の女性、その次が1か月の
男性です。

一生懸命ではあるけど、至らないことが多々あります。
でも、 私達は頑張っています。


さて、昨日一日、ゆっくりと考えることが出来て良かった。

今日も、爽やかなお天気の中で、頭も気持ちも爽やかです。

〝すべては良きことのために〟

すべては良い経験であり、たくさん学び、気づきを得て、
これからも成長して行きたいと思っています。



nice!(10)  コメント(4) 

4か月半が経ちました。 [笑いと涙の転職体験記]

4月16日から勤めさせていただいている仕事、4か月半が経ちました。

なかなかブログが更新出来ないくらい、心が忙しかったです。

すべては良きことのために…この経験は、私の人生に、自分で引き寄せ
たこと、必然の経験だったのでしょう。

試練は、魂を磨くために、自分で引き寄せた貴い経験。

仕事を辞めたいと思った時、考えなければいけないことは、それが
〝逃げ〟なのか〝卒業〟なのかということ。

前回の仕事は、〝卒業〟だと、自分で納得が行きました。
いろいろあったけれど、8年の間、良く頑張ったと思いました。

でも今回は、〝逃げよう!〟と考えています。

自分の人生の主役は自分だから、理不尽なことで、心を苦しめられ
ることに、従容としている意味が無いからです。


自分の人生を素晴らしいものにして行くために、あえて、〝逃げ〟
ます!

そんな決心をした今宵です(^^)!



nice!(4)  コメント(0) 

すべては良きことのために。 [本のこと]

『すべては良きことのために』 山川紘矢 著

この本は、私の座右の本の一冊です。

P.267より。

この世で、いま苦境にある人はたくさんいるでしょう。

でも、それも、実のところは、なんであれ、大丈夫だと僕は思います。

必要でやっているのだ、と断言したら、酷でしょうね。

他人のことはともかく、自分に起こってくることを、すべては自分が
引き寄せている必要な体験なのだ、と捉えることができるようになれば、
状況は変わるでしょう。

自分が引き寄せたのだからと、自分を責めてはいけません。
まずは自分を責めないことです。

その上で、自分は必要な体験を自分で引き寄せて、たましいを
磨いていると、解釈してください。

つらいことがあっても、それを体験することによって、大切なことを
学んでいるのです。

つらいときは自分を誉めてあげましょう。
自分は勇気のあるたましいなのです。

「ありがとう」を無邪気に1日10回以上、機械的に唱えるだけでも
何か状況が変わるでしょう。
心から唱えられたら、もう大丈夫です。

〝自分に起こることすべては必要で起こっている〟
とあなたはもう受け入れられますか?



山川紘矢さんの本に、私は、本当に苦しくて泣きたい時に
何度も助けられて来ました。

失敗したり、うまく行かなかったり、自分がなさけなくなったり、
不安になったりした時、
あなたは、精一杯やってるよ、素晴らしい存在だよ。
自分を責めるくせをなおし、誉めるくせをつけようね。
人生は、ゆっくり、楽しみながら生きればいいんだよ。

と語りかけてくれ、私の座右の銘である
〝すべては良きことのために〟
起きてくることを教えてくれました。

そして、いつでも感謝の気持ちで生きていくことの大切さを
教えてくれた、山川さんや、たくさんの方たちに感謝です。


nice!(6)  コメント(2) 

豊平川の花火大会。 [日々のこと]

昨夜は、11階の我が家から、中島公園の向こう側正面に打ち上がる、
4千発の花火を、歓声を上げながら鑑賞しました。

IMG_2514.jpg

一緒に見たのは、ニセコのNさん夫婦と、娘のダンナさんと私達の
5人です。娘は、調子が悪く、来ませんでした。

ニセコから来たNさんが、驚く程の量の、食べ物とお酒類を持って
来てくれました。感謝です。

娘のダンナさんは、赤と白のワインを持って来てくれました。

美味しく食べて、飲んで、迫力の花火をみんなで堪能して、最高の
夏の夜を過ごしました。

幸せいっぱいです♪

花火の後は、煌々と輝く満月と、その近くに赤く輝く、地球に
15年ぶりに大接近している火星が、夜空を飾ってくれました。

楽しい一夜でした。

後は、娘の体調が回復することを祈るばかり。
早く元気にな〜れ!




nice!(6)  コメント(2) 

全てのことに感謝です♪ [笑いと涙の転職体験記]

4月16日にスタートした新しい仕事、無事に3カ月が経とう
としています。

3カ月間は、試用期間でしたが、多分週明けには、本採用の
書類を頂けるのでは、と思います。

私の所属する事務課は、課長と事務の男性2人と私の4人でし
たが、1カ月前に女性が1人入り、男性のうちの1人が昨日で
辞めました。

1カ月前に入った30歳の女性は、本当にしっかりしていて、
仕事が出来る人で、素晴らしいの一言です。

私とは、最初からうち解けて、一緒に過ごすお昼休みは、
笑ってばかりで、本当に楽しい。

そのTさんの歓迎会をするとのことで、昨夜、居酒屋さんに
行きました。

私は、歓迎会をしてもらっていませんでしたが、Tさんは正社員
で、私は時間給なので、そうなのかなと思いました。

課長が、「それでは、Tさんの歓迎会を始めます」と言った時、
事務長が、「Sさん(私)とTさんの歓迎会ね!」と言ってくれました。

とてもうれしくて、「ありがとうございます!」と言いました(^^)

2次回で行ったカラオケも含めて、全て事務長が払ってくれたので、
びっくりしました。

とても楽しい時間を過ごさせて頂き、感謝ばかりです。

別れる時、事務長に心からお礼を言うと、「また来週から頑張ってね」
と、太陽のような笑顔で言ってくれました。

この職場に入れて頂き、やりがいのある仕事をし、良い人間関係の
中で過ごさせて頂いていることが、本当に幸せです。

今朝は、ココロと、幸福感に包まれて、のんびりしています。

午後は、久しぶりに小樽回りで、ニセコに行きます。

青い海が見られたらいいな、と思います♪

全てのことに、感謝、感謝の思いでいっぱいです。


nice!(5)  コメント(2) 
前の10件 | -