So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

勇気をいただいて。 [本のこと]

『松浦弥太郎の仕事術』 松浦弥太郎 著

P.3〜はじめに より抜粋します。

社会という激しく流れる滝をさかのぼることは
容易ではありません。

今まさに、僕は何年もかけてその滝をさかのぼっている
ときです。滝の流れに負けてしまい、まっすぐにさかの
ぼれず、もうだめだとあきらめて、何度も滝の下まで
落ちました。それでもまたもう一度、もう一度と、
心を新たにして滝に挑んでいます。

人生というものは、死ぬまで日々悩み考え続けていくと
いうことです。それならば、滝をのぼり続けていくという
行為は、悩みや考えにしっかりと向き合い、悩み抜き、
考え抜くことが、すなわち生きるということ。

滝をのぼり続けるそのような日々の中で、知ったこと、
学んだこと、大切だと思ったこと、発見したこと、
感動したことなどを、僕は長年、自分のノートに
書き続けてきました。それをまとめたものが本書に
書かせていただいたものです。

人はどれだけ悩んだのか、どれだけ迷ったのかということが
将来を決めてゆくのだろうと思います。
大丈夫、僕もみなさんと同じように、滝をのぼっては落ち、
落ちてはのぼりを繰り返しているのです。


・・・抜粋ですが、この文章を読むだけでも、松浦弥太郎
さんが好きでたまらなくなります。

人生の滝を、もう一度、もう一度と、心を新たにして
挑んで行こう、のぼって行こう!という勇気が湧いて
来るのです。

失敗して、転げ落ちることがあったっていい。
悩み抜き、考え抜いて、また何度でも、挑戦して行こう。
人生の滝をあきらめないで、のぼって行こう!

そんな勇気をいただいています。
感謝しています。






nice!(0)  コメント(0) 

宇宙銀行に感謝。 [日々のこと]

2年半前に、『宇宙銀行からのごほうび』という
ブログ記事を書きました。

東京の本社から、表彰しに来て頂いて、その時私は、
札幌で1位でしたので、過分な賞金まで頂きました。
感謝でいっぱいでした。

今回のキャンペーンの表彰は、個人ではなく、営業所
へのもので、札幌が1位になったので、明日本社から、
また表彰に来てくれます。

先週金曜日、私の出社最終日に、所長が私に、
「22日火曜日、表彰式においでよ!」と言ってくれ
ました。

みんなにもう会えないと思ったら、ウルっとなって
いたけれど、火曜日にまた会えると思ったら、急に
元気になって帰って来たのでした。

なので明日、ホントに最終日、行って来ます。
笑顔で、笑顔で、帰って来ようと思います。

いつもお導き頂いている神様と、宇宙銀行に感謝で
いっぱいです。






nice!(0)  コメント(0) 

自分プロジェクト・1 [日々のこと]

今日から、毎日がサンデーの日が始まりました。

まだ、詳しい内容は未定ですが、自分プロジェクトの
第1番目は、〝ウエスト周りスリムプロジェクト〟に
しようと思います。

今の家の洗面所は、洗面台の上の壁面が全部、鏡なのです。
なので、お風呂上がりなど、ウエスト周りから上の姿が、
いやおうなしに映し出されるのです。

はあ〜っ!とため息が出ます。

ごはん大好き、お酒大好きの如実な結果が、映し出され
るわけですから、仕方がありません。

体重は、それ程オーバーしているわけではないので、目標
は、ウエスト周りをスリムにする!と決めて、プロジェクト
を計画して、実行して行こうと思います。

まずは一つ決まりました。


nice!(0)  コメント(0) 

大好きをget! [日々のこと]

今日は、ココロのトリミングの日でした。

トリミングが終わるまで、2時間程かかるので、ココロを
置いてから、まず、いつも行く自然食品のお店に行きました。

ここの野菜は、安心して食べることが出来ます。
先日買った、カブは、ぬか床に入れてぬか漬けに
して食べましたが、少し辛味があって、絶品でした。

そして、レタス!
本当に美味しいんです。

安心して食べられることが、さらに美味しく感じられる
理由かも知れません。

その帰り道、久しぶりにBook-offに寄りました。
お宝発見の期待に、胸をドキドキさせながら!

手の届かない、本棚の最上段に・・・ありました!
松浦弥太郎さんの本です。
中身なんて見ません。踏み台に乗って、即getです。
『ほんとうの味方のつくりかた』という本でした。

ゆっくり読むのが楽しみです。

あと8冊、古本を仕入れて、本日¥1,708の支払いでした。
私の、最高に心が満たされる時間の一つは、本を読むひと
ときです。
今、お風呂上がりに、この9冊の本達を眺めて、うっとり
しています。

ココロもトリミングをしてもらい、とっても可愛くなり
ました。
今日も、幸せな良い一日でした。


nice!(0)  コメント(0) 

爽やかな風の中で。 [日々のこと]

「中島公園でランチしよう」
「いいよ〜」

ということで、近くのスーパーでビールと、少し
有名なお弁当屋さんでお弁当を買って、行って来ました。

歩いて5分の中島公園で、美しい豊平館と、その前の池で
泳ぐカモさんを眺めながら、青空の下、時おり吹いて来る
爽やかな風の中で、ランチをいただきました。

「幸せだね〜」
「幸せだね〜」

ビールのほろ酔いも手伝って、なんとも幸せな心地で
過ごして来ました。

1日の中に、少しでも新しい風を取り入れて、わくわく
して生きられたらいい。

それが出来ない日だって、きっとあるけれど、出来る
時には、楽しんで、喜んで生きたい。


nice!(1)  コメント(2) 

好奇心のまなざし。 [本のこと]

『今日もていねいに』 松浦弥太郎 著

P.51 「好奇心のまなざし」

「明日、自分が死ぬとしたら、今日を一生懸命に
生きていないのはいやだ」
これは僕の思いです。「いつ死んでも悔いはない」
という意味ではではありません。

起きて、仕事をして、テレビを見ておしまい。
それが人生最後の日なんて、死んでも死にきれない
くらい悔しいと思うのです。
だからといって、夢のような出会いやわくわくする
冒険で日々を彩りたいわけではありません。

明日で命が終わるとしても、後悔せず、おだやかに
世を去る方法ーそれは、今日をていねいに生きること。
これだけだと僕は思います。

ていねいに生きるには、その日が大切な1日であること
を思い出させてくれる、きっかけが必要です。
何かひとつだけでもいいから、暮らしに新しさを
投げ込みましょう。


・・・抜粋してみました。

起きて、仕事をして、テレビを見ておしまい。
うん、ホントにありがちでした。

仕事から帰って来て、去年だったら、テレビで日ハム
の応援に歓声を上げ、今年は、ぶーぶー言いながら、
日ハムの試合を見て、お風呂に入って、おしまい。

そんな日も多かったです^ ^

さて、昨日で転職の第3巻目が終わり、4巻目が始まる
までのモラトリアム期間を、どう過ごすかです。

自分プロジェクトを計画すること。
そして、わくわくしながら、楽しんで、ていねいに1日を
過ごすこと。

タイトルにように、好奇心のまなざしを持って、1日
1日を過ごしてみたいと思います。





nice!(0)  コメント(0) 

感謝、感謝です。 [日々のこと]

今日、最後の勤務を終えました。

私は、午後の勤務でしたが、午前の勤務の人達の
皆さんから、お心遣いのお品を頂きました。

午後の同僚の人からも、私の大好きな日本酒や、
お心遣いをたくさんいただきました。
感謝ばかりです。

みんなから、元気でね!と声を掛けてもらいました。
また戻って来て!と言ってもらいました。

良いひき際ができて、本当にありがたかった。
うれしく、幸せです!

実は、来週の火曜日に、もう一度行くことになった
ため、泣かずに、わりと元気にお別れできました。

主人が、退職のご苦労さん会をしよう!というので、
今晩は、開陽亭という所で、美味しいものを頂いて
来ました。

カニクリームコロッケ、カニの身がたくさん入っていて
エビ味噌ソースが良く合って、とても美味しかった。

あと何品かの美味しいものと、ビール、田酒等を頂き、
帰って来ました。

自分にお疲れさま、そしてみんなにありがとう!

良い締めくくりが出来ました。
感謝ばかりです!
8年間、本当にありがとうございました!




nice!(0)  コメント(0) 

笑顔で。 [本のこと]

『今日もていねいに』 松浦弥太郎 著

P.49 「うららかな笑顔」

極上のプレゼント。生きるうえでのお守り。
毎日をすてきにする秘密。
笑顔は、その全部を兼ねた魔法の杖です。

笑顔さえ忘れずにいれば、たいていのトラブルは
乗り越えられます。

本当に困ったとき、解決策より先に必要なのは
笑顔です。

笑顔は日々を輝かせます。
いつもニコニコできる自分でいられたら、魔法の
杖を手にしたのも同然、暮らしも仕事も豊かに
なります。

笑顔は誰でもできる一番簡単な努力のひとつ。


・・・抜粋してみました。


困ったときに笑顔…う〜ん難しい!

もし今後、第4巻目の転職の面接に行くとして、
その時どんなに緊張していても、笑顔…。

でも、それが魔法の杖なんですね!

今日、8年勤めた職場の最後の日です。
朝から、ちょっぴりウルッと来ています。
思い出深い8年でした。

さあ、笑顔でみんなとお別れしよう。

みんなのさらなる幸せを祈りながら、笑顔での
再出発をしようと思います!



nice!(0)  コメント(0) 

心を満たすもの。 [本のこと]

『あたらしいあたりまえ』 松浦弥太郎 著

P.91 「もので心を満たさない」

「もので心を満たさない」とは、単純に買い物を
やめればよいという話ではありません。所有欲を
消し去れ、という修行でもありません。

肝心なのは、「何で心を満たせばいいのか」と、
静かに自分に問うこと。

「もので心を満たさないなら、何で満たせばいいのか?」
シンプルですが、これはとても大きな質問です。

僕はこの質問について、じっくりじっくり考え、
ようやく答えを出しました。
自分の心は、「学ぶこと」で満たされるのだと。

僕にとって「学び」とは、毎日の暮らしや生活の中で、
あたりまえで大切なことを発見すること。
好奇心を忘れず、何が自分にとって「ちょうどよいか」
を知ることです。
それを学び続ければ、心は日々、満ちていくと思う
のです。

・・・抜粋してみました。


今回、この家に引っ越して来るにあたって、大量の物を
処分し、整理し、身軽になりました。
それでも、まだまだたくさんの物に囲まれて暮らしては
いるのですが、明らかに物欲が減退したことは確かです。

「住む」から「生きる」へ。

ある日、新聞に載っていたこのコピーを見た時、これだ!
と思いました。
どこに住むかではなく、どう生きるかが問題なのだ、と。
どこに住もうとも、何をして過ごすかが大事なんだ、と。

そして、松浦弥太郎さんの言うように、何で心を満たして
生きるかが重要なのだ、と心から思います。

私の心を満たすものは、何だろう。
私も、じっくりじっくり考えてみよう。

人生、どこに住むかではなく、何をして生きていくか、
そして、何で心を満たして生きていくか。

残りの人生をより良く生きていくために、じっくりと
考えよう。


nice!(0)  コメント(0) 

感謝ばかりです。 [日々のこと]

退職まで、明日とあさっての2日となりました。

同僚が、寂しいと言ってくれることが、うれしい。

丸8年と1か月の勤務でした。

何事にも一所懸命になる性格ゆえ、会社のために
少しは尽力出来たかもしれません。

いろんな学びがありました。
イジメと言ってもいい苦しい時期もありました。

乗り越えて来られたのは、主人や家族のおかげです。

多くのことを学ぶことが出来たから、新人さんに
絶対に同じことをしないと決意したし、いろんな
お客様への対応から、反面教師としての生き方を
教えていただきました。

うん、がんばったな〜^ ^!

あさって、泣かないで笑顔でちゃんと挨拶しよう!

このブログを始めた頃、涙の転職体験記を書いて
いました。
ホントにいろいろあったけれど、良い経験をさせて
頂きました。

すべてに感謝ばかりです。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -